スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一言言わせてください

八月末日にギリギリセーフで、先日ネネの髄膜炎騒ぎの時に、母にネネを連れて行ってもらった病院に駆け込みました。

というのも、なんたることか具合の悪いネネを母に預けるに当たり、保険証を持たせるのを忘れてしまったから。なので、全額自費で払った差額を返してもらいに…。

まだ出来たてホヤホヤのこどもクリニックで、朝一行ったにも関わらず、25人待ち、とモニターには表示され、院内はピカピカ

中年の女医さんだと母は言っていましたが、かなり人気があるなーという印象でした。

でも、私。一言だけお伝えしたかったんです。
先生に特に何も言われずに帰されて、結局、髄膜炎だったこと。

なので、お伝えしましたよ、しっかりと。

お金を受け取る際に、受付の方に、
「ちょっといいですか?
先生には特に何もない、と言われたのですが、髄膜炎でした。」と。
すると、受付の方も髄膜炎という病名に驚かれたのか、「え?!」と固まってしまったので、
「そのことだけ先生にお伝えいただけますか?」
と言うと、「はい。かしこまりました。大変申し訳ありませんでした」と。

決して文句がつけたかったわけではありません。先生を責めるつもりもありません。ただそういう事実があると言うことをお伝えしたかっただけ。
今回は小児医療の診断の難しさを痛感しましたから、先生が分からなかったのも無理はないかもしれませんし。

ただ医師として、そういうことがあったという事例を今後に生かして欲しい、と強く思ったのです。

幸いネネは無菌性髄膜炎だったのでこう思えたのもあるかもしれません。これがもし細菌性だったら、悠長には構えていられず、誰かを責めたくなったかも。

医師とは本当に大変なお仕事ですよね。それもまた改めて思いました。


ほんのりともしかしてその先生から、自宅に連絡があるかも?なんて、思っていましたが、それはありませんでした。
それはちょっと残念。

向学心がないとは決して言いませんが、聞いてくれても良かったのでは、という思いが少し。

待合室にたくさんの方がいる中でお伝えしたので、他の方にも聞こえていたと思います。私、意地悪だったかな?!と思いましたが、間違えたことはしてない、とあとで思い直しました。
関連記事

コメント

非公開コメント

娘が一歳半の頃、一定間隔でお腹をかなり痛がって
かかりつけが閉まっている時間だったため
夜間も小児科医がいる健康センターに連れて行ったことがあります。
診察の結果、便秘と言われて帰ったのですが、翌日も同じ症状。

何となく母の勘?で、これは便秘じゃない!と、かかりつけを受診。
レントゲンを撮ったりした挙句、大きな病院を紹介され
そのまま入院になりました…
CT撮って色々検査して、幸い一週間ほどで退院できましたが。
何かおかしい、と思ったら、やはり再受診が必要ですね。
ネネちゃん、元気になって良かった!!

☆maiさんへ☆
子どもの病気の診断って本当に難しいんでしょうね。
maiさんもルナちゃんも大変だったんですね・・・。ルナちゃん、小さかったのによく頑張りましたね。maiさんもお疲れ様でした。

でも、やっぱりこういう時は親ですよね。なにかおかしい!!と母の勘が働いたりして(苦笑
だけど、いつもと明らかに違う!っていうの、ありますよね。お医者様はそれは分からないことだし、親もしっかり伝えていかないといけないですねぇ。

しかし、この経験を生かす場がなく、大きくなってくれるに越したことはありませんね(苦笑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。