飼い猫もやっぱり

最近、横浜では体感するような地震はだいぶ減ってきたように思います。

ところが、とある夕方。
我が家の飼い猫チップに餌をあげたときのこと。
いつもならご飯を食べ始めたら、しばらくは食べ続けるチップ。
ところがその日はふと見るとテレビボードの脇でなぜか縮こまっていました。
ふと私も『変だな、、、地震かな?!』と直感しました。
でも、家具を見ても何を見ても揺れている気配なし。
気のせいか~と思い、そのままにしていました。


ところが、その後何気なく見たネットに先ほど震度4の地震が茨城でありました、と出てるじゃないですか!!!

チップはほぼ体感しないような揺れも察知してたんだ!とビックリ。と同時にこの子も3.11の時に家に一人ぼっちで怖い思いをしたのかもなぁ、、、と思いました。
そういえば、あれからいつも地震があった時はどっかに隠れてしばらくすると出てきていたっけ、、、。


のらりくらりと生きているのんきな飼い猫だと思っていたけれど、一応そんなシッカリした?!一面もあったのね。

しかし、お前はツチノコか!!!(見た事ないけど)
太り過ぎ~(笑)
関連記事

コメント

非公開コメント

確かに、体感するような地震は気が付いたら、なくなってきましたね。
余震がありすぎて、いつも体が揺れているような錯覚に陥ってましたが、それも落ち着いてきたような気がします。
動物ってきっと人間よりもいろいろに敏感なのかもしれませんね。本当に落ち着いて過ごせる日が早く来てほしいですよね。

☆サクラさんへ☆

そうですよね。体感する地震は減ってきましたよね。・・・と言ってるけれど、最近またチョコチョコと揺れていますね。震災からもう2か月半。少し防災意識が薄れてしまっていたので、また少し気を引き締めようと思っています。

チップも体感だけでなく、予知してくれると助かるんだけどな~と思ってしまいます(苦笑