スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月1日

4月1日。
ネネの入園式でした。

綺麗なお洋服を着て、じぃじばぁばも動員し、はりきって向かったら、こんなに大勢で来たのは私達だけ(ーー;)
しかも、ジーパンでいらしてるママもいて、『え?!そんなもの??』とビックリでした(^_^;)
どうやら幼稚園感覚だったのかな。でも、せっかくの大事なイベントだし、きちんとお祝いしてあげたかったので、それはそれで良しという事で(^-^)/

さて、入園式後は皆でランチをして、なんとネネはそのまま夫の実家に泊まりに行ってしまいました。
親離れ&子離れの日となった4月1日。

急に暇になった私はご近所のママ友のお宅へお届けものがあったので、届けに行きました。
そして、そのまま夕飯までいただいちゃいました(⌒-⌒; )


鶏肉のアヒージョ


豚肉とブロッコリーのペペロンチーノ

作ったのは旦那様。彼は飲食系のお仕事をしているので、料理が上手だとママ友から聞いていたのですが、本当に美味しかった!
しかも、イケメン(笑)

美味しい料理とイケメン(ひとの旦那様ですが、、、笑)と温かく迎え入れてくれたママ友に大感謝!

いつも仲良くさせてもらっていますが、ネネ抜きでもこうして仲良く過ごせる友達が出来たこの三年は本当に貴重な三年だったんだ、と実感しました。

ネネにもこれから新しくたくさんのお友達が出来て、新しい世界を築いていくことになります。でも、お友達の大切さ、温かさを大事に思える子であってほしいと思います。

明日からは慣らし保育。
さて、どうなるのか。先生にも「ネネちゃんは大丈夫そうですね」なんて言われましたが、今までの一時保育とは違って、これからは毎日保育園。
急がず焦らず、ゆっくりと保育園に馴染んでいってほしいと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

入園式だったんですね。お疲れ様でした☆
ネネちゃん、お泊りはどうでしたか?
うちの娘も先日、旦那の実家に一人で泊まりに行きました。
その前に私の実家に一人で泊まっているので慣れたらしく、
夜は多少泣いたものの帰ってくることはありませんでした(笑)
(入院に備えてはじめて私の実家に泊まる練習をしたときは、
号泣して夜中に戻ってきた…^^;)
こういうのって成長したなーって思いますよね。

お料理がおいしそう!と思ったら、そういうお仕事の方だったんですね~
旦那様がお料理ができるだけでも羨ましいのに
更にイケメンなんて…羨ましすぎる(笑)

子供を通じてできた友人が、一生のつきあいになる場合もあるし。
(うちの親がそうw私の保育園時代からの付き合いの人達と数十年たった今も仲良くしてます)
ちょっとした縁も大切にしたいですね^^

ネネチャン、入園おめでとう!!
やっぱり今まで頑張ってきたから
ジーンとしちゃいますよね。

ネネチャンのことだから、すぐに慣れちゃうと
思うけど のんびりでいいですよね。


素敵なお友達がいるのはyukiさんの人柄の良さが
あってこそですよネ。
私も引っ越してきて新しい土地で
新たな友達が徐々に出来てきましたが
み~~んな素敵な人ばっかりで
ここに引っ越してきて良かったなぁ~と
思ってマス☆

☆mamiさんへ☆
本当に3歳までなんだかんだで手元で育てたことになったので、とうとう一つ階段をのぼるんだなーと思うと、ちょっとしんみりしました。
これからの3年間、ネネにはとっても大きな3年間になると思うので、充実した良い時が過ごせるといいな、と心から思います。
mamiさんも入園前にお引越しやらなんやらあって、きっと色々大変でしたよね。
ご近所さんがいい方ばかりとのことですし、同じ年代の方も多いようなので、とても羨ましいです^^一緒に皆で成長を見守っていかれますもんね。

お互いに4月良いスタートをきれるように頑張っていきましょー!


☆maiさんへ☆
そうでしたね。ルナちゃん、練習で泣いちゃっていたという記事がありましたね。
うちはどうにか一晩泊まってこられました。以前も父のことでやむを得ず、急に一晩泊まらせたことがあったので、初めてではなかったのですが、以前とは状況が違うので、ネネもそこらへんはそれなりに承知していた様子。
昼寝明けに大泣きして「ママ~」となったらしいですが、どうにかこうにかだましだまし乗り切ったら、それ以降は全く大丈夫だったそうです。恐るべし!うちのおてんば娘。

仕事が始まってからはぱったりママ友と会うことはなくなってきつつありますが、それでも、きっとこういう縁って会う頻度とはまたちょっと違うんだろうな、という気がしています。
本当にこういうご縁は大事に、末永くやっていかれたらいいな、と思います^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。