スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厄年に注意!?

突然ですが、昭和52年生まれの女性の方。今年は厄年ですね・・・

厄年っていうのは、自分自身ではなく、自分の周りに起こるんだと、こないだ初めて友人から聞きました。その友人も同じく厄年子持ちなので、自分はまだしも子供に何かあったらいけないから、ちゃんと厄払いしたんだとか。

私はお正月混雑しているお寺に辟易してしまって、結局厄払いしなかったんですよね~
でも、お札はいただいてはきたんですが。


いきなりなんでこんな話かというと・・・。
先日、「さ~寝よう」とお布団に入った夜12時。母から携帯に電話がソフトバンク
そんな時間にかかってくることはまずないので、心拍が一気に上がりつつも電話に急いで出ると、祖父が心肺停止だと病院から電話があったから今から向かう、とのこと。
祖父はアルツハイマーでずっと病院に入っていたのですが、先日お見舞いに行ったときにはかなり変わり果てた姿になっていたので、私も心配していたのです。

「ネネがいるから、あなたは来なくていい」
と言われたものの、やっぱりそういうわけにはいかない!!と夫とネネを残して病院へ

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今回は長くなりそうなので、「続き」ます。

ところが・・・。
祖父は亡くなっていました。蘇生措置もされないまま、ベッドの周りには家族が佇んで・・・。まさに老衰で処置をほどこすまでもなかったと病院で判断されたようでした。
仕事人間で藍綬褒章まで受けたことのある祖父でしたが(今思えば結構スゴイです・・・)、なんともあっけない最期でした。とても寂しかった・・・。

それから祖父は自宅へ運ばれました。
これからのことを簡単に家族で話し合い、朝方4時に帰宅。

ネネは大人しく寝ている・・・と思いきや、朝方だったので眠りが浅かったのか、グズグズし始めました。
元々、ネネは前日に保育園に預けていて、そこから今回もしっかり咳風邪をもらってきていたので、寝ている間にもコンコン仕方なく、グズグズするネネを抱っこしたまま私も仮眠
さすがに前日、父の病院の付き添いもしていたので、かなりの疲労と眠気でフラフラ~
そんな中、午前中はネネの咳もひどくなっていたために病院へ

その晩、ネネはまたまた熱を出し、そこから2日熱が続き、今はまだ咳と鼻水。

今週末には祖父のお葬式があるので、週末二日間とも義父母にネネを預けることに。それまでには良くなるように・・・と思っていたのだけれど、まだもう少しかかりそう。


私のもう一人の(父方の)祖父も病気で退院してきて、ただいま実家で母が面倒をみています。父の体調も芳しくないし、あちらこちらで色々なことが起こりすぎな今日この頃。
もうこれは「厄年」だから、と思いたくもなります

確かに私自身にはそんなに降りかかっていませんが、ネネには降りかかってしまっているかもあちらこちらに預けられ、頑張っているネネには本当に感謝しています。



だけど、初孫である私をとても可愛がってくれた祖父。
痴呆が始まってからは私の事もすぐに分からなくなってしまって、ちょっと寂しかった。ネネも初曾孫なのですが、もちろん認識してもらえませんでした。
でも、私を可愛がってくれた祖父。きっと私や私の母の辛いこと大変なことも一緒にあちらの世界に持って行ってくれたんだと思いたいです。


厄年。でも、やっぱりちゃんとお祓いしに行こうかな・・・と最近思っています。皆さんもお気をつけて・・・。

関連記事

コメント

非公開コメント

色々と大変でしたね…
日本特有の厄年の風習、他の国でその年に特に何もないなら
多分実際は何もないんだろうけど…やはり気になってしまいます。
気休めでも、厄払いに行くだけ行っておくのもいいかもしれませんね。
しばらくは慌しいと思いますが、あまり無理して
ママまで体調を崩されませんように。
ネネちゃんも、早く良くなるといいですね。

yukiさん色々とお疲れ様です。。。

厄年ってそういえば周りに。。。って
義母が言ってて、厄除けの物をもらいました。

今のところ 私の周りは大丈夫だけど
いざそうなると お祓いしに行こうかと
思いますよね。私もお守りを買っただけなので
気がかりではいるんですよね。


色々と忙しい事や悲しい事が重なって
体調を崩さないように、用心してくださいね。

おじいさん、yukiさんとの思い出をちゃんと
あちらに持っていってくれてると思います。
そしてネネチャンの事も見守ってくれてると
思いますよ☆

辛いと思いますが元気出して下さいね。

おじいさまのこと、お疲れ様でした。
今週末はお葬式ということで、ご心労も大変かと思いますが、頑張って乗り切られてくださいね。
今まであまり厄年とか、気にしたことがありませんが、やはり厄除けしておいたほうがいいのかもしれませんね。
きっとこれからは天国から、yukiさんやネネちゃんのことを見守ってくれていると思いますよ。
お葬式など落ち着いたら、ゆっくりと休んでくださいね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。