ちょっと疲れた・・・

1歳を迎えて、やっと1年経ったと気が抜けたのか、最近の私、お疲れです。

少し前から、『疲れてるのかな』とは思っていたのですが、そんなのは
ネネが産まれてからずっとのこと。
今更改めて感じることもなかったのですが、どうも最近やっぱり『お疲れ』な私。
ちょっとしたことでも腹が立つし、ネネに対してもイライライライラ

これからまだまだ続いていく育児のたった1年を終えただけで、
疲れている私って一体・・・(苦笑)


だけど、私も母である前に人間なので、そりゃ疲れることもありますよね


さて、そんな『お疲れ』の私をさらにへこませる出来事がありました・・・。
(これから長くなるので、お暇な方だけよかったら)

それは前の会社の後輩からの1本の電話でした
「お願いがある」というので、聞いてみると、なんと12月の繁忙期の
ヘルプに入ってほしいという依頼だったのです。
仕事を辞めてからもう4年。
さすがに全部忘れたとは言わないけれど、ほとんどのことは忘れているし、
そもそもそれだけブランクがあって、クルクルとヘルプとしていい動きが
できるかどうかも自信なし。
そして、何よりもネネはどうするの?!という大問題が


本当のところ、今年中には卒乳もしたいなと思っていたし、ましてこんないいお誘いを
もらえるなんて思ってもみなかったので、ちょっとチャレンジしてみたい、と
思ったんです。
たとえ、卒乳ができなくても昼間はあまり飲まなくなってはきているので、
どうにか寝かしつけに間に合えば無理におっぱいをとらなくてもいいし、
問題は昼間誰にネネを見てもらうかということだけ。

となると、やっぱり一番の候補は私の両親。
自宅から車で5分の距離に住んでいるし、何しろ一番よく会っているので
なついているし、自分の親なので気兼ねもない。

がしかし、私の母は産まれてこの方ネネを1日面倒見たことは一度もなし。
というより、母乳育児をしていたせいで、ネネをみるのをむしろ怖がっていました。
「泣いたら、おっぱいがないからどうしよう」と。

そんな母なので、今回の話をしてみても、あっさりと「無理」と断られました。
挙句、「いきなり何日も母親がいなくなったら、ネネおかしくなるよ」と
まで言われてしまいました。


実の母なだけにそこまで言われると、逆にカチン
実際、来春から私が再就職を考えていることを知っているくせに、
そんなことを言うなんて。
自分が面倒をみる自信がないと言わずに、ネネがおかしくなる、なんて
言われて、本当についつい頭にきて、私もやり返してしまいました


それはさておき、とりあえず、やはり今回の話は急だったし、確かにネネにとっても
まだまだ準備が整わずにいきなりのことなので、残念でしたがお断りすることに。



でも、正直ガッカリしました
いざ再就職ということになったとしても、こうして周りの協力が得られないのでは・・・と
思うと、まだまだ働くのは見送ったほうがいいのかな・・・とか、頭の中はグルグル。
できれば、今の内にできるだけのことはして、家のローンも早く返してしまいたいし、
将来も見据えて働いておきたいという気持ちもあるんです。

ま、旦那さんがたっくさんたくさん稼いでくれれば、働かなくてもいいのですが
このご時勢、なかなかそういうわけにもいかず・・・ですし。

こういってはなんですが、親の協力が得られる環境にあるのだから、
当たり前とは言わないけれど、できるだけお願いしたいという気持ちでいる私は
間違っているのかな!?
1人で頑張っているママもたくさんいるけれど、私はありがたいくらいの環境なんだから
それを頼みに私も頑張りたいと思っていたのですが。



何だかあっさりと断った母の一言が、グサッときて昨夜はなかなか寝付けませんでした。
お陰で朝から喉が痛い
どうやら風邪をひきかけているようです。

この秋になってから風邪をひくのは2度目。
風邪なんて全然ひかない質だったのに、「やっぱり私疲れてる」と自己暗示のように
思ってみたりして・・・(苦笑)

皆様も急に寒くなってきたので、風邪には気をつけてくださいね。

関連記事

コメント

非公開コメント

再就職のことを考えていたんですね・・・
ちょっとずつ準備したり、慣らし保育のような感じで、ご実家に慣らしていけば、なんとかなりそうな感じだったのに、お母さんにその気がないのであれば、仕方ないのかな?

でも、実家は頼みですよね。実家が近いというだけでも、いざというときは!という精神的な余裕が生まれますし。

来年の4月だったら、保育園が入園可能かもしれないし、実家に頼らず、保育園に頼んでしまうというのも手かもしれません。保育士さんはその道のプロですし、実母に頼むより、ずっと安心 (うちの母はひどくズボラなので・・・)

周りのサポートも含め、再就職への道が開くといいですね。

まずはお体、早く回復するといいですね。お大事に!

◆frau-kkさんへ

そうなんですよ、再就職。
でも親があの調子では・・・と今回の事で落胆しました。

そして、今日早速frau-kkさんのおっしゃるようにまさに保育園のことを
考えて来期の入学を見据えて、区役所に話を聞きに行ってきました。
やっぱり保育園にしっかり任せて、自分で頑張る方向に切り替えました!
元々働くならもちろん保育園のつもりだったのですが、どうにも腰が重くて
なかなか動き出せなかったので、かえって今回の事が後押ししてくれて
よかったようにも思います^^

frau-kkさんがここみちゃんを預けて、頑張っている姿は本当に
励みになります!!私ももし再就職する時には頑張りたいと思います^^