スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての海外旅行~in GUAM~ ④

涙のわけ。

それは、夜の8時から真っ暗な部屋で1人で息を潜めて、ジーっとする。
しかも、そこは海外。
ベランダに出れば、楽しそうな笑い声や音楽。

その上、これが3日目。
となれば、誰でも泣けてくるのでは・・・。


海外での夜。
私を除く皆は私達がいなくなった後、スイーツを食べ、お酒を飲み、盛り上がり
ラウンジへ繰り出し、もう一杯
いやいや、もう一杯いっちゃおーー

とこんなふうにして、待てどくらせど帰ってきやしないんです。


私はネネが眠る部屋で1人ジーっとして、ガイドブックを小さな明かりの下で読んだり
自棄になってこれくらいいいだろう!!と冷蔵庫からルームサービスのコーヒーを
取り出し、自棄飲み?してみたり(ちっちゃい自分・・・
とにかくこれなら家にいたほうが、部屋が違う分、まだゆっくりと過ごせるよ
思うくらいひっそりと海外の夜を過ごしていたのです。

しかも、最後の夜くらいは誰かが代わってくれて、私を少しは解放してくれるかな~?
なんて淡い期待をしていたのに、見事裏切られ、だーーーれも帰ってこない・・・。

何度か隣の部屋をノックしに行き、誰もいない静かな廊下でため息。


いやいや、これくらいのことで怒っちゃダメ!!
こうやって連れてきてもらっただけでも感謝しないとダメだ!!!
ネネは自分の子じゃないか。皆こうやって我慢して子育てしてるんだ!!!!と
何度も自分を叱咤激励したものの、やっぱり私はダメでした。負けました。

酔っ払って楽しそうな話し声が聞えた途端に、廊下に飛び出し、真っ赤な顔した
皆に向かって、私は
「今からKマートに行く」(ちなみに午後10時。Kマートは24時間営業、笑)
と言い放ったのです。

一瞬シーンとする皆。
でも、さすが夫。
私の異変にいち早く気付き、
「yuki。行っておいで。ネネは俺が見てるから」
とすぐに私に駆け寄りました。

しかし、できればもっと早く私の気持ちを察してほしかった

母は困って、「どうしたの???」とこれまた真っ赤な顔で寄ってきたのですが
ついつい言ってしまいました。
「どうして私だけ1人で部屋でジーっとしていないといけないの?
 ネネがいるから仕方ないのは分かってるけど、最後の夜くらい
 誰か代わってくれるかと思ったのに・・・」
と、ついでに涙を流しながら訴えてしまいました

私ってホントに子供・・・。
これを書きながら自己嫌悪。しかも、こんな自分であることを書いていいのかも
迷いつつ、でも、これが素直な私なので書いちゃいました


そんなわけで、せっかくの楽しい最後の夜を台無しにした私ですが、
せめて夫にはもっと早く気付いてほしかったというのが本音。
前の晩もやっぱりみんなで飲んで帰ってきて、楽しそうな夫にちょっと文句を言ったのに
全然気付いてくれてないんだから



でも、泣いても笑っても、次はいつ来られるか分からない海外(大げさ!?)。
明日はとうとう帰国の日。
まだ半日残っているので、絶対に満喫する!!!と心に誓い、眠りにつきました


(次で本当に終わりで~す

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。