スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Shall we dance??

今日、駐車場から家へ向かう道にある公園で、
夫婦が踊っていました。
まさに社交ダンス。
ポーズの練習などをしていて、大変微笑ましい・・・。

yukiが見ていてもお構いなしで、踊りに励んでいました。

ふと見ると大きなバンがとまっていたので
コレに乗って来たのかな~なんて思って
見るともなしに、車中を見ると、抱き合う2人が。

皆それぞれに週末の夜を過ごしているのですね。


そして、家に着いたら、近所の人気者の猫「マツ」が
ニャ~と声をかけてきました。
05-11-06_00-03.jpg

久しぶりに会ったので「マツーーーーー」と大歓迎で
しばし( ^o^)\(^-^ )ナデナテ"タイム。

かなり長くナデナデして、さー家に帰るねーバイバイーと
言ったら、家の前までついてきてしまいました。
でも、家の中にはマンションに内緒で飼っているハムがいるので
心を鬼にして、バイバイーとドアを閉めると
外で「ニャーニャー」とマツの声が。

仕方なしに、チーズを片手にまた外へ。
出来るだけ家から離れようと、下まで連れ出して
そこでチーズをあげました。
猫って「むしゃむしゃ」って音を立ててご飯食べるんだ~
なんて思いながら、またしばしナデナデ。

そして、家へ・・・。
そして、ついてくるマツ。
しかも、私より先に家についてる・・・。

そしてもう一枚だけ・・・とチーズをとってきて
また階下でムシャムシャ。

今度こそ、帰るぞーーと声をかけて、家へ。
やっぱりついてきて、家の前でウロウロ。
しかも、入る隙を与えないくらいに、ドアの前にピッタリ。
参ったなーーーーと思っていたら、一瞬、マツが
向こうを向いたので、チャーンス!!!とばかりに
家に入りました。


やっぱり外でニャーニャーしているマツ。
ごめんね、マツ。
ご飯をあげたのはまずかったね~。
なんて思いながら、しばしマツの声に心を痛めつつ、
もしカレが帰ってくるまで、マツが待ってたら
カレと一緒に猫のエサを買いに行ってあげようと
決心し、カレが帰ってきました。

「マツいた??」と聞くと、「マツ?いないよ」と。

なーんだ。猫ってやっぱりクール・・・。


それにしてもむやみにエサをあげないほうが
お互いのためかもしれない・・・と思ったyukiでした。
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。