不思議な話

今日、大奥を見終わったと同時にお母さんから
電話がかかってきました。
yuki「もしもしー」
母「ねー、ちょっと怖いことがあったんだけど・・・」
yuki「なに~~~?!」



聞いてみると怖い・・というか不思議な話でした。
それは・・・


今日お母さんが妹の部屋を掃除したそうです。
いつもかけないベッドの下にチョコッと掃除機をかけました。
そして、あまりに汚かったので(笑)「ま、これでいっかー」
と適当に終わらせたそうです。


そして、その後、他の用があってまた部屋に入ったら、
掃除機をかけたはずのところに、ハムスター用のエサと
ひまわりの種がベッドの脇に落っこちていたことに気づきました。
「あれ~さっき掃除機かけたのに・・・。しかもさっきなかったのに」
と思って、お母さんはそのままにしたそうです。



そして、妹が帰ってきて、
母「ねーねーあなたの部屋にハムスターのエサこぼした?」
と聞きました。
すると妹は
妹「え?こぼしてないよ」と。
事情を説明すると
妹「そういえば、今日の夕方頃、うりちゃんが
天国にいったってメールがきてたよね~」



母「ねーー怖いでしょーー。うりちゃんが
○○ちゃん(妹の名前)の部屋にきたんだよーきっとー」
yuki「えーーーーーーーー!なんでそこに行くわけー
私の部屋ならまだしも~」



事の真相は分かりませんが、普通に実家にまだいた時に
ハムスターちゃん達を妹の部屋で預かってもらっていることが
よくありました。
妹の部屋は年間通して、クーラーや暖房がよく効いているので、
私が出かけている時によくおいてもらっていたのです。
なので、きっとその時にやったエサがこぼれて、
掃除を全然しない妹の部屋のベッドの下に入り込んだと思われます。



だって、うりちゃんがお別れにくるなら、
なんで私のとこに来ないのさ!と思うから。



でも、実は昨日我が家でも不思議なことがあったのです。
いつも私は寝る前に本を読みます。
本を読むときに使う小さな懐中電灯があるのですが、
それには時計がついています。でも、その時計は全く使っていないので、
時間も合わせていません。
そして、昨日、うりちゃんを近くの公園に埋めにいったのですが、
その時に暗いからその懐中電灯を持っていきました。


その夜。推定3~4時頃。突然聞いた事のない音が鳴りました。
それはその懐中電灯についているアラームでした。設定してないし、
解除の仕方も分からないし、寝ぼけているしで大変でしたが、
とにかくどうにかこうにか解除して、そのまま眠りました。
その時、何となくうりちゃんがバイバイしに来たのかな・・
と思いました。


でも、やっぱりこれもただ単に持ち歩いたときに勝手に
色んなボタンを押してしまって、勝手にアラーム設定が
されてしまったと思われます。
なんにも不思議なことはないのかもしれません。


でも、うりちゃんがバイバイしに来てくれたと思うと、
ちょっと嬉しいです。
うりちゃんは私の事ちゃんと覚えていてくれたんだなーって。

関連記事

コメント

非公開コメント