今すぐに会いたいです

昨日、朝9時。
私達はプーちゃんと火葬場に行きました。


最期のお別れは、今思い出しても胸が苦しくなるくらいに悲しく、
身を引き裂かれる想いがしました。



その時のプーちゃんは、ピクリとも動かず、身体も氷のように
冷たいけれど、プーちゃんの形をしていました。
でも、45分待った後、会ったプーちゃんは、白い骨ばかりになっていました。
大きな骨や小さな骨。
プーちゃんはとても小さくなっていました。



脳出血を起こしていた頭は、頭蓋骨から想像するにとても小さく、
その小ささがまた私をとても切なくさせました。
こんなに小さな身体で一生懸命に闘っていたプーちゃんを思うと
涙が止まらず、骨になってしまったプーちゃんが信じられず、
家族全員でポロポロと涙を流し、お骨を拾いました。




そして、小さな骨壷に納められたプーちゃんは母に抱かれ
表に出ました。
母が私に
「プーちゃんを抱く?」
と聞いたので、私は思い切り泣きながら、プーちゃんを抱きました。
あんなに重かったプーちゃんがただの白い骨壷に納まっていました。


家族全員で一人ずつプーちゃんを抱き、そして帰宅しました。




その夜は、またプーちゃんを囲んで家族全員で食事をとりました。
「献杯」
と杯をあわせ、プーちゃんの思い出話をそれぞれに話しました。



父は昨夜、3時に目覚め、プーちゃんのそばに来てずっと泣いていた、
と明かしました。
ほとんど泣いている姿を見た事のない父を泣かせてしまうほど、
プーちゃんは家族であったと感じました。


母はあまりの寂しさに、今すぐにでも犬を買いに行こうかと思ったと
明かしました。皆はそんな母をちょっと責めましたが、私は
その気持ちが分かるような気がしました。




プーちゃんがこの世から消えて、2日。
まだ2日。もう2日。
こうして時は経っていき、いつしか泣かずにプーちゃんの話ができるようになり
プーちゃんは思い出になってずっと私達の心に残っていくことでしょう。



私はまだプーちゃんがいなくなったことを認められないし、
考えたくもないし、寂しくて寂しくて無気力になる自分から
逃げられずにいます。
でも、それでもいいと思っています。
自然と私の中で、このことを理解できる時がきたらそれでいいと思います。



そのくらい悲しい別れでした。
できることなら、今すぐにプーちゃんを返して欲しいと強く思っています。


神様がいるなら、時を戻して…




関連記事

コメント

非公開コメント

まだまだたくさん泣いていいんじゃないですか?気持ちの整理がつくまで泣いていいと思いますよ。そしてその後に前を向いて歩き出せばいいですよ。

本当に励まされました

野良ニャンさん、いつも温かいコメント、本当にありがとうございます。
とてもとても嬉しいです(*^^*)

プーちゃんのことは今も思い出すだけで涙がポロポロと出てきます。
私はなかなかしつこいので(苦笑)当分の間は
こうして思い出しては涙…という日々を過ごして
しまいそうですが、それが私なりのプーちゃんへの
喪の服し方なんだと思っています…


動物って本当に純真ですし、動物であっても家族ですよね・・・
チップの温かい手に触れていると、「この子は生きているんだ」と
強く感じます。
プーちゃんの手は冷たかったから。


お互いに今そばにいてくれる温かい存在を大切に
楽しい時を過ごしていきましょうね^^

本当に励ましてくださってありがとうございます。