FC2ブログ

甘えん坊

私の働いている塾に、小学6年生の女の子がいます。

彼女は、中学受験をするので、今はまさに追い込みに入る大切な時期。


それなのに・・・

「自習に来たよ~」
とやってくれば、( ̄ー ̄ )~~~~ウロウロ ウロウロ~~~~(  ̄ー ̄)
「Kちゃ~ん!いつになったら始めるのかな~~????」
と聞くと
「えー知らない~聞えない~」
と答えるKちゃん。


少しの間、彼女の自主性に任せて放っておこうものなら
「ねーねー」
と、周りの受験生を巻き込み、遊び始める始末。
しかし、あまり相手になってもらえないとみると、私のほうへやってきて
「ねーなんか最近ストレスがたまって仕方ないんだけど、どうやって発散したらいいのかなー」
と聞いてきます。
最近この「ストレスがたまって仕方ない~」というのが彼女の口癖で毎日毎日聞かされているのですが
「どうしてそんなストレスたまっちゃったの?教えてくれれば相談に乗るよ」
と答えると
「えー別にー・・・・。ま、いーやー自分でどうにかするー。人形があったら殴ってスッキリするのに・・・」
とブツブツ言いながら去っていきます。


この1ヶ月。
彼女のこのストレス話を中途半端に聞かされては、ヘ( ̄ー ̄ヘ)))。。。フラフラァと遊んでばかりいる彼女を見てみぬふりをして過ごしてしまったのですが、さすがにヤバイ!!!


もう10月。


受験まであと4ヶ月しかありません。


高い授業料をいただいて、彼女をお預かりしている以上、このまま放置プレイではいけない!!!と一念発起。
今日の私は『放置プレイ方式』から『かまってかまってお母さん方式』にチャレンジ。


まず、彼女をなだめすかし、どうにかこうにか席につかせます。
そして、テキストを開き
「いきなり嫌いな算数はいやだよね。まずは国語からいってみよー!」
とわざわざハイテンションで彼女の気分をアゲアゲしてみました。

すると、
「え~やだ・・」
と言いつつ、席に着き、自らノートを開き始めたのです。
『コレダ!』と私も瞬時に判断し、すぐさま、
「じゃあ何やるのかなぁ~~~」
なんて、彼女の気分を更に盛り上げ、
「頑張れーKちゃん!!」
と応援開始。

隣の席に座り、
「(□。□-) フムフム。そうか~そんなのやってるのか~」
と、あの手この手で何度も話しかけ、ヤル気にさせたところで、いつもならこのまま私も席に戻るのですが、『かまってかまってお母さん方式』を実践するために、隣の席に着席!
すぐ隣で、母のようにただただ「ふむふむ」言いながら、見つめ続ける私。


でも、さすがにうざがられると元も子もないので、
「じゃあ、私もここで仕事頑張っちゃおうかな~」
なんて言いながら、仕事道具を隣の席にどっさり運び、
「それじゃーKちゃん!今から二人で30分集中!!!!」
とかけ声をかけてあげ、仕事をしつつ、彼女に気を配りつつの30分を過ごしました。


その後も10分休憩を入れつつ、今日は1時間勉強ができました(少なっ!!笑)


とりあえず、隣にひたすらついてあげて、ちょこちょこ声をかけてもらうことで彼女の甘えんぼ心が満たされて、少しはヤル気になれたようです。


気持ちは分からなくないけれど、最近の子はホントに甘えん坊が多いな・・・と感じる今日この頃です。



この甘えん坊心を満たす作戦がいつまでもつか、次の作戦を考えつつ、さし当たって続行予定です。


次回に続く・・・



関連記事

コメント

非公開コメント