感情移入で涙

今日6月6日。長年来の友人に第一子が誕生しました。
今朝方、陣痛の間隔が狭まってきたから、病院へ・・・と聞いていたのですが、夜9時。思い立ってなぜか電話をしてしまった私。
普通、出産真っ只中の人に、たとえ親友であろうとも電話はしないものだと思いますが・・・(汗)なぜかかけた私。勇気ある行動に乾杯。

すると・・・ナント、生まれていました。しかも、結構生まれたて。なんてグッドタイミング(と思ってるのは私だけで、多分相手は迷惑・・・)

母子共に元気で、電話に出てくれた旦那様も感動に声をつまらせていました。子供ができるってすごく感動するものなのだな・・・。


ということで、早速、出産お祝いの一つとして、以前、友人にあげてとても喜ばれた「クリエイト・ア・ブック」の「赤ちゃん誕生」という絵本をプレゼントしようかな~なんて考えていました。この絵本には「名前・体重・身長」などはもちろん、「生まれた病院」や「お祝いにかけつけてくれた人」「担当の先生」などなどを入れることができるのです。なので、今回もバカの一つ覚えで『それでいってみよー』と早速オーダーしようと思ったのですが・・・。『せっかくだから、他のものも探してみる?』と、他のメモリアルグッズを探してみました。

すると。
アルバム型の絵本も発見。妊娠時のエコー写真や結婚式の写真まで入れられるものもあれば、お食い初めやお宮参りの写真を入れられる絵本お仕立券まで、さまざま。

その中で私の心を打ってしまったのが、コチラ
アルバム型の絵本ということは一緒なのですが、見本の写真やコメントを読んでいたら、涙が・・・。いつしか気分は、絵本の中の幸せ夫婦のお母さん役で、「娘はこうして大きくなっていったのよね・・・こんな小さかった娘が嫁に行くなんて」なんて。

違う違う。まだ子供産んでないから。ていうか、親の気持ちになるの早すぎーしかも、出産祝いの絵本なのに、なぜ嫁ぐ娘を送る親気分?!(その上、途中からちょっとお父さんの気持ち)


なにがなんだか分からなくなってきたので、とりあえず、オーダーは先送りするとして、明日カレに何をあげたらいいか、冷静に判断してもらおうと決めました。


意味の分からない感情移入による涙にご注意!!


関連記事

コメント

非公開コメント