サーフィンに付き合って

夫のサーフィンの影練に付き合って(笑)昨日は由比ヶ浜に行って来ました。


連休初日。混雑を覚悟していたのですが、行きも帰りもスイスイ。こんなにいいお天気なのに、みんなどこへ行ったんだろう~

由比ヶ浜はサーファーがかなりいましたが、浜はとっても空いていて、ネネと2人で暇しつつも、お日様に当たりながら、しりとりしたり、飛び回るトンビやカラスについて話したり、山を作ったりしながら過ごした三時間でした。

いや、ネネはそれで済むわけもなく、入水していましたが…


子どもは体の感覚がおかしいのだろうか(笑)絶対冷たいのに、断固冷たくない!と否定しておりました。

明日は保育園仲間と海でBBQ。
またみんなして、入水するんだろうな…。

皆様、よい休日を…
スポンサーサイト

ネネの読書事情

こないだ一ヶ月かけて、「いやいやえん」を2人で読破しました。

いやいやえん―童話 (福音館創作童話シリーズ)いやいやえん―童話 (福音館創作童話シリーズ)
(1962/12/25)
中川 李枝子

商品詳細を見る

読んだのは私ですが、ネネが長いお話をちゃんと聞けるようになったことに感激。

しかし、いやいやえんなんて読んだのは、何年振りでしょう。
あの頃どんな気持ちで読んでいたのかは、全く覚えていませんが、親として読んでみると子どもの時とは全く違った観点で楽しめることうけあいです。
もちろん、ネネが「やだやだ」ばっかり言っているときには「ネネもいやいやえん行けば~?」と声掛けしていますよ(笑

最近では図書館で借りる本も小学校低学年のものを選んでみたりしています。

あかりちゃん (わくわくえどうわ)あかりちゃん (わくわくえどうわ)
(2007/02)
あまん きみこ

商品詳細を見る

(↑「あまんきみこ」といえば、「ちいちゃんのかげおくり」ですよね。それもまだ内容が難しいかな~と思いつつ読んでみましたが、あとで聞いてみたら、ちゃんと本人なりに理解していました。)


私自身、ネネと遊ぶのが本当に苦手。
でも、本を読んであげることだけは、なぜかとても大好きです。
ネネに読んであげていると、国語の時間の音読を思い出します。いかに気持ちを込めて、しかも、かまずに読めるか!みたいな(笑

そんなわけで我が家の図書館通いはこれからも続いていきそうです。最近では近くの図書館だけでなく、隣の区の図書館へも進出。しかも、返却は最寄駅の行政サービスセンターで受け付けてくれるので、返却も通勤時にサクッとできて、とっても便利。

図書館って当たり前ですが、色んな本があってすごいんですよ(笑
動物が好きなネネは動物に関する色んなことを聞いてくるのですが、以前我が家で保護して、動物園に届けたツバメがまた帰ってくるかな~という話から始まり、「渡り鳥」ってなに?となったので、これを借りてきました。

わたり鳥のひみつ (科学のアルバム 29)わたり鳥のひみつ (科学のアルバム 29)
(1974/01)
行田 哲夫

商品詳細を見る


図書館ってすごい!と当たり前なことにものすごく感動を覚えました(笑

そうそう、貸出延長だってネットでできるんですよ(我が家は横浜市)
だから、こりゃ読み終わりそうもないぞ~と思ったら、延長の申し込みをすれば、問題なし(人気図書は延長ができない場合もあります)

「いやいやえん」も毎日毎日読めればよかったのですが、私とネネの気力と体力が合致した時のみに読んでいたので(笑)途中で延長を申し込み、1ヶ月かけてゆっくり読むことが出来ました。


公共の機関も利用の仕方が分かれば、結構便利になってきているんだな~というのを感じます。
きっと皆さんの街の図書館も充実しているはず。
皆さんもぜひ利用してみてくださいね。

今度は何を読んであげようかな^^

チアダンス

ネネも年長さん。

やっとこさ、ネネにも習い事でもさせてみようかという気になりました。

というわけで、先日、チアダンスの体験授業に行ってきました。


実は昨年末にも他のスポーツセンターに体験授業に行っていたのですが、大病をした後で体調が整わなかったので、一旦延期にしていました。

また新学期にでも…と思っていたのですが、そのことをすっかり忘れていたところ、ママ友がうちの子はスイミングを始める!という話をしてくれたことで思い出したというわけ。

今回は実家に近いスポーツセンターへ。自宅からは車で15分ほど。よく知った道なので、通うには問題なく、私も気が楽。

さて、いざ行ってみると…幼児クラスはネネを入れて2人っきり(笑)もう人1人の子は長く続けているようなのですが、マンツーマンになるのであれば、小学生クラスに混ぜてもらおうかと思案していた様子。

ネネが入るのであれば、幼児クラスに残ろうかな~とのこと。

そんなわけで生徒2人で、レッスンは始まったのですが、さすがに人数が少ないだけに先生もよくみてくださり、ネネもとっても楽しそう!

後半戦は集中力がきれたのと、小学生クラスのおねーさんたちが続々と集まったことで、そちらが気になり、先生の話も耳に入らず、何度も「先生のお話聞いて?」と声をかけられていました(笑)

それはさておき、子どもの数は少なくない地域なのに、なぜにもこんなに生徒が少ないのか?!と後日、ネットで調べていると…。
先日行ったところより、二千円安くやっているスタジオを発見。
早速問い合わせてみると、クラスは15人定員で、すでに一クラスは埋まっており、もう一クラスが残りあと二名空いていました。
ただそちらは幼児から小学生が一緒になったクラス。人数もかなり多いので、ネネがどう思うかは分かりませんが、色々見せてから、結論はネネに決めさせてみようということで、本日体験を申し込みました。

さて、前回とは一転、大人数でもネネは楽しくやれるかな?
まぁチアは大人数でやらなきゃ意味がないとも思うのですが(笑)

今日はダッシュで上がらないと!!

たくさん可愛がってあげてくださいね

3月の終わりの金曜日のこと。

ネネの通う保育園をお辞めになる先生の中に、とてもお世話になった先生がいらしたので、小さな花束を持って、ネネと最後のご挨拶をしました。

その時に言われたこと。
「たくさん可愛がって、たくさん褒めてあげてね」

胸に突き刺さりました。

2人の先生にお花を渡したのですが、違うところで2人に同じことを言われ、ビックリ。
でも、子育ての真髄なのですね、それが。

「怒るのは得意なんですけどね、褒めるのは苦手です」という私に「そうね。そうなのよね。十言ったら、一つくらいは聞いてくれてるんじゃないかと思って、あれこれ言っちゃうのよね。私も子育て中はそうだったの。でも、違うのよ。まだまだ甘えたい、愛されたい時期なんだから、たくさん甘えさせてあげてね」と。

「三歳の頃からネネちゃんは保育園にいるけれど、まだまだママ、ママの時期にママから離れて、保育園でしっかりやってるんだもの。お家ではたくさん甘えたいに決まってるわよ」とも。


ごもっとも。

私が頑張って働いている間、ネネも保育園で頑張ってくれているということをすっかり忘れていた自分に気づかされました。

ネネに感謝、家族に感謝。

今日も頑張ろう!

進級ブルー

雨ですね。

最近真面目に電車通勤していましたが、今日は雨だし寒いし、車出勤。

さて、題名の通り、進級ブルーになってる我が家のお姫様。
下のクラスでさえ、誰も泣いていないのに、年長のネネがただ1人泣きながらの朝のお別れです(笑)

お決まりの「ママがいいの~」を連呼しながら、感極まるとそのまま「マーマーが、いーいーーのーーー!」と泣き出す、という。

出来るだけ突き放さないように私も努めていますが、さすがになんでだ?!とやや疑問に感じます。

ま、雨だし、レイニーブルーも重なったということで、、、?!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。