冷え症対策

先日、冷え性ではなく、冷え症だといいましたが、uminekoさんから、その対策について、コメントをいただきました。

その対策とは、「湯たんぽ」

実は湯たんぽ持っているのです。というのも、やはり冷え症でどうにもならない、と母に相談したところ、晩年体調を何かと崩しがちだった父が使っていた湯たんぽがあるよ、と。
早速その晩、お湯を沸かして用意したところ、なぜかネネがパパのお布団にいれてあげる!と言い出し、私試せず…。

そのまま、なんとなくそんな大した効果はないだろう…とバカにして、部屋の隅に追いやっていたのですが、昨日早速試してみました。

すると…
ほんとにあったか~い!
夜中に冷えで目が覚めても、湯たんぽに足をやるとその周りは暖か。
寝入りばなの足の冷えも湯たんぽのおかげで、難なく温まり、スーッと眠れる。

リアル湯たんぽ(猫たち)の力が加われば、上半身もポカポカで大変快適でした(笑)

侮るべからず、湯たんぽの威力!

ちなみに、布団乾燥機も使用している我が家のお布団はポカポカなんです。
それなのに、自分の発熱量が足らず、冷えで悩んでいました。

でも、これで解決!
あとはもう少し自家発電ができるといいんだけど(笑)

いつもポカポカあったかいネネが羨ましい。ちなみに夫に至っては、湯たんぽが熱すぎて寝れなかった!ですって!!


マフラーももはや彼女にとっては防寒具ではなく、単なるおしゃれアイテム。
ママは夏が待ち遠しいです…
スポンサーサイト

おめかし



今日は自分で結ぶ!と頑張っておめかし。

生活に疲れた母のようなざんばら結びが出来上がりました(笑)

冷え性ではなく、冷え症

ここ最近。ほんっとに寒くないですか??

私の身体の冷えっぷりは、ここのところMAXに達しています・・・。

私が毎日9時過ぎにネネと一緒に眠るのも、一番の理由はお風呂の後、体が一旦冷えてしまうと眠れないから。だから、ネネとお風呂に入ったら、その温まった勢いで眠ってしまうのが一番なんです。

でも、この週末。夫に寝かしつけは任せて夜更かしをし、お風呂に入った後もダラダラしていたら、案の定、冷えがすごくて眠れない・・・・。
夜中まであまりの寒さで眠れず、今朝は久々の寝不足も手伝い、体の機能が完全に低下。起きている間もあまりにも体が冷えて仕方なく(もちろんモーレツ着こんでいます)『寝不足のせいだな・・・』と昼寝をしてみたところ、これまた冷えすぎて眠れない。ちょっとウトウトっとしたな~と思ったら、ふと夢うつつの中で、あまりにも自分の足が冷えすぎて寒いことに気づき、目覚める。触ってみると、ほんっとにかちんかちんに冷えている・・・・という。
布団に入って、布団自体は温まっているのに、足だけかちんかちんに冷えているとはいかに・・・・。


もはや、病的なものさえ感じる私も冷えっぷり。

これは「冷え性」でなく、「冷え症」というらしいですよ。私のような人を。

残念ですが、私は決して痩せていませんし、ダイエットを敢行しているわけでもありません。きちんと食べるものは食べているし、ガリガリだから寒いというわけでもありません。
やっぱりこれは新陳代謝の著しい低下が問題であると考えざるを得ない・・・・。

身体を動かさないこの生活、絶対改善しないといけないな・・・と改めて考えさせられました。

そして、寒い寒いこの2月。
やっぱりリアル湯たんぽたちの存在は本当にありがたい。
003.jpg

猫の体温がどれくらいかは知りませんが、人間よりは高いであろう猫が二匹も両サイドに入ってくれると、かなりの暖かさ。寒がりの私でさえも、暑くて布団をはぎたくなるくらいの暑さ!(笑

この子たちに助けてもらいながら、なんとか新陳代謝をあげるべく、頑張らねば。体がどんどん衰えている・・・・と感じる35歳の冬なのでした。

034.jpg
「ねこのて、かしてあげる♥」

最近

明日はバレンタインデーですね。
今朝、ネネは保育園の愛しのカレに「あしたはバレンタインデーだよ♡」と囁かれていました(笑)

催促?!(笑)

もちろんチョコは用意済み。

ところで、最近のネネは本当に小生意気な少女になってきました。将来が心配です…。

言うことは完全に一丁前だし、生意気を絵にしたみたいな子どもに育っています。私の子だから、仕方ないのでしょうか…(汗

こないだもエプロンをつけて、おままごと。最近はカメラを向けると、作り笑いをするという技まで習得しました。


その作り笑いが不自然で面白くて面白くて、何度もやってもらう私。何度やっても同じ目と口。目の開き方と口の角度と本人なりに決まりがあるようです。

保育園でもかなりの女王様っぷりなようで、益々先が心配。どうなっちゃうんだか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。