転園するお友達へ

ネネの組に今月末で転園するお友達がいます。

もうだいぶ前に先生が保護者たちが読む連絡ノートの隣に、転園するお友達のお知らせを色紙で作って置いていました。

今日がその最後の日。
昨日のお迎え時にそのママに会えるかなーと思ったのですが、残念ながら会えず、、、。
先生が作ったお知らせも日が経ち、なんとなく横に押しやられていました。それをふと見ると、その転園する子のママからメッセージが。
『長い間お世話になりました』というような事が書かれていました。

先生がせっかく作ってくれた可愛い色紙のお知らせ。ママのメッセージ。
それを見て、私はふと思いつきました!

『寄せ書きをしよう!!!』

とりあえず、思い立ったのが前日。何も用意はありません。
仕方なく、その色紙に私もメッセージを書き込みました。何もないよりまだいい、と思いつきの行動でしたが、その後お迎えにやって来た仲良しのママ達に話をして、寄せ書きをしようよ!と呼びかけ、何人かのメッセージが書き込まれました。

もはや数人で紙はいっぱい。
まぁ裏側は無地だし、残りのママ達には裏側に書いてもらおう、と皆で話し、組内の連絡ノートにもメッセージを募っている事を書き、昨日は帰って来ました。


そして、今朝。
偶然担任の先生に会えたので、寄せ書きを始めた事をお知らせしました。
すると、先生大喜び!!!
はりきってしまい、もう書くところのなくなった色紙に他の色紙を足して、更にたくさん書き込めるように工夫してくださいました。

先生も「こういうことは強制してすることでもないから、こうして声が上がったこと、本当に嬉しいですo(^▽^)o とてもいいクラスだなーだなんて思っちゃいます」と。


私も一声かけただけでこうして快く皆が賛同して、協力してくれたこと、本当に嬉しかったし、転園するママの気持ちを考えたら、きっととても嬉しいだろうなー、と胸が熱くなりました。

まだこの保育園に入園して三ヶ月と少し。とても温かな園で、居心地もよくて、組内のママ達も皆気さくでいい方ばかり。ネネだけでなく、私もこの保育園には楽しませてもらっています。

こういう小さいけれど、温かな出来事に朝からとても良い気分になりました。

お疲れの月曜日

おはようございます!

今週も一週間始まりましたね!!!

さて、先週末は保育園の夕涼み会と夫のサーフィンに付き合ってのBBQ。盛りだくさんにすごしてしまいました。

お陰で予想通り、今朝のネネは体力が持たず、起きてくるなり、「ばぁばんちに行きたいー。保育園行きたくない~」だって。

なんだかんだ気分を盛り上げて、保育園には行ってもらいましたが、私が引いた夏風邪が移り、咳込みがヒドイので、それも手伝っての気だるさなんだろうなぁ。

昨日も周りの子が午後に眠たくなり、ぐずりまくる中、1人で勝手に寝ちゃった人。


そういうところは手がかからなくなったけれど、まだまだ三歳児。体力配分はしっかりしてあげないといけなかったね、ごめんね、ネネ。

そんな一週間の始まりですが、明日は私が仕事が休みなので、保育園は休ませて、久しぶりに2人でのんびりしようかな、、、。

兄妹

今日、夜&部屋干しすべくせっせと洗濯をしていた時のこと。

ネネ、大人しくTV見てるなー、、、

と思って、リビングに行くと、チップと並んでTVを見ていました。

正確に言うとTVを観るネネの隣に座ってました。


あーーーーー!写真撮っておけばよかった!

なんかとっても仲睦まじい感じがして、ネネに
「2人で仲良くTV観てるの?」
と声をかけたら、
「うん。チップとネネは双子の兄妹だから」
だって。

最近のネネ流行ワード、双子。

そういやこないだこんな写真を見つけました。

前にもUPしたと思います。

チップが人間だったらなー、、、と、密かに思う私です。

誕生日に想う

本日7.15、私の誕生日でございます。

ネネなんかに比べると大した成長はないし、たいしてめでたくもないのですが、誕生日が近づくにつれて、父のことが思い出されて仕方ない日々でした。


人というのは、年相応に背が伸び、体重が増え、成長して行くのですが、それは当たり前のことではないそうです。

アメリカで親の愛情を全く受けない赤ちゃんが月日を経ても全く成長しなかったが、かつぎこまれた病院で看護婦達の愛情を受けて、少しずつ成長を始めた、という話を聴きました。

人は愛情を受けてこそ、成長するのだ、という証明です。


私も父母の愛情を受けて、こうして無事に大きく育ちました。
ここまで育ててくれたこと、今でも何かと気にかけてくれていること、本当に感謝しなければいけないですね。

父は残念ながら、私達の元を去ってしまいましたが、今もどこかで見守ってくれている、と強く感じます。
父は本当に子煩悩な父でした。

仕事柄、とてもキツイ世界にいたので、同僚達からは『鬼軍曹』なんてあだ名をつけられていたそうですが、私達にはとても優しい父でした。
知らんぷりしているように見えて、いつも私達を気にかけている、そんな父でした。


私は父が旅立つ姿を見ることができませんでした。

「それはもうお父さんらしい立派な最期だった」と母は言います。妹や叔母からは最期までずっと母のことを見つめていた、と聞きました。
父が逝ったその日は両親の結婚記念日でした。

父母の強い結び付きを感じました。


最近また父がよく夢に出て来ているような気がします。でも、目覚めると忘れているんです。ただとても切ない思いだけが胸に残って目が覚めます。


親を亡くすというのは、こんなにも悲しいものなんですね、、、


ネネには、じぃじのことを忘れて欲しくなくて、折に触れて父の話をしてあげています。ちょっとした洗脳、ともいう(笑)

この世界は今までたくさんの生物が淘汰されて、今の状態となっています。
ではなぜ人は淘汰されなかったのか。
それは生きるに値する使命を授かっているから。人は必ず何らかの使命を授かりこの世に生を受けているのです。この世に必要のないものなどないのです。
そして、使命を全うした時、去って行くのです。

父は使命を全うしたんでしょうね、きっと。

私達家族は父がいなくなってもこうして元気に暮らしています。ということはまだまだ私達には全うすべき使命がある、ということなんでしょう。

いつかまた父にあえる時、胸を張って会えるように、、、34歳の今年も頑張っていきたいと思います。

福島20km圏内動物保護

獣医師による「福島県警戒区域内動物救援チーム」が結成され、20km圏内(全市町村対象)に残されたペットを無償で救出することになりまし た。
第1回実施日は7月16日(土)~18日(月)の3日間。20km圏内に入り、ペットの保護・救出活動を行いますので、ご希望の方はお申込みください。

■第1回申込締切/平成23年7月15日(金)
※保護は今回一度限りでなく、今後も続行される予定です。7月15日(金)を過ぎても申込みは受け付けます。

■申込方法/「福島県警戒区域内動物救援チーム」に電話でお申し込みください。   
電話090-9200-2121 または080-5197-6269
FAX03-3756-2359

※今後、申し込み先は各市町村窓口になる予定です。

■ご注意/
・首輪が外れている、もともとないペットは野良犬・猫扱いになり、保護の対象になりません。しかし飼い主さんから連絡があれば似ているペットを随時保護していくそうです。ですから、どんどん申し出てください。

・現在保護場所がない、今後飼えない場合でも保護を依頼しましょう。飼い主さんの許諾が無いと、一時預かりもできないし、里親さがしもできません。

・家の中にいるペットに関しては家宅侵入になるので、従来通り入ることはできません。しかし、飼い主さんからの要望があれば政府の方に獣医さんたちが要望を出していくのでこれ以外にもお願いしたいことがあれば、申し出てください。




同じペットを飼うものとして、とても嬉しいNEWSです。

先日、政府に一斉に動物保護についての嘆願書を出そうと言う機会が設けられました。私も家族皆の名前で嘆願書を送りました。
その結果なのかは分かりませんが、本当によかった。

ただもう四ヶ月が経っていますし、決して早い対応ではないので、ペット達の無事がとても心配ですが、ボランティアの方達が寝食を削って頑張っていらっしゃる姿をブログなどで拝見しているので、きっと大丈夫だと信じたいです。


我が家の避難グッズの中にはもちろんチップのためのものも用意しています。ただもしもの時は、どんな状況で被災するか分かりませんから、チップを万が一置き去りにするようなことが起きてしまったら、、、と考えると、胸が潰れそうです。


最近の暑さで、チップの抜け毛も最高潮に達し、部屋にはチップの毛が散乱し、イライラさせられますが(笑)それでも大事な家族です。

皆さんの家族も無事でありますように、、、。

チョコレート色

今週末は横須賀市の秋谷海岸へ。
ここの浜は通い始めて六年が経ちます。
正直、浜はあまり綺麗ではないし、遠浅でもないので、割と波は高く、子連れにはちょっと敬遠されがちな浜だと思います。
が、なんと言っても、大混雑!!!ということがないのが一番のいいところ。どこかいつものんびりしていて、しかも、立石駐車場は無料!滞在時間も気にせず、ゆっくりと過ごすことができます。(その代わり、夏場は早朝に来ないと駐車場は満車ですが)


今日は曇りだったので、8時すぎに到着して、駐車場は六割くらい埋まっていました。

曇り。

案外侮れないんですよ。紫外線!
今回で今年何度目の海か忘れましたが、今日も朝から午後1時過ぎまでいて、しっかり焼けて帰ってきました。夫は焼けすぎて、かなり痛い模様。私は年々メラニン色素が増えているのか(笑)今年は特に痛くて仕方ない、ということがありません。
でも、もうかなりのこんがり具合。ミルクチョコレート的ないい感じに仕上がってます(笑)

ちなみにネネは秋谷海岸が苦手。
今日は漁協に近い、割と遠浅な方へテントを構えたのですが、なかなか入れず苦戦しました。
海がちょっと怖いネネには、森戸海岸に慣れてしまうと、秋谷海岸にはなかなか馴染めないのかもしれません。

来週末は海はお休みの予定。また再来週、四家族で海BBQの予定があります。夫はサーフィンもする予定。35歳にしてサーフィンデビューをするようです。

梅雨も開け、夏はこれから。
今年の夏は海以外のイベントも目白押し!
さー!夏を楽しもう!!!

知ること

最近、「うちのとらまる」というブログを密かに読ませていただいています。

少し前ですが投稿された『落日』という記事。
こういったことを公開することに、それぞれ思いや考えがあるだろうけれど、それでも、知っておかなければならない大事な話だと思いました。

先日、職場の方が被災地にボランティアに行かれた話を聞きました。
色々な方に被災地の話は聞きましたが、どの方も揃って「これで○か月経ったとは思えない。3.11が昨日のことのようだ」とおっしゃいますが、彼女も然り。同じように感じたそうです。

津波に遭われた地域の方も然り、このブログに出てくる動物たちも然り。
皆被災者です。

どうぞ少しだけ時間をとって、読んでいただければ、と思います。