いかがおすごしですか?

06-04-30_12-03[1].jpg
花束を持って電車に乗って、でかけるのってなかなかいいね。ちょっとセレブ気分!?


スポンサーサイト

あわわわわ

私の生活必需品・・・それはコンタクト。
yukiは使い捨てのコンタクトを使っています。1週間装着しっ放しでいいので、寝てもさめても良好な視界が保たれています。

が!!!!
今日、目にできものができました・・・( ┰_┰) だからコンタクトをする不快感はなはだしい!!!!!という事で・・・引っ張り出してきました・・・メガネ。
06-04-22_00-09.jpg
このメガネがまたまたオタクっぽい。ノーメイクの時にすると本当にオタク。光浦のよう・・・(光浦ゴメンネ)

さっきお風呂上りにメガネをかけていたらカレに
「そんなyukiヤダ」といきなりダメだしされました・・・(゚O゚;
だって、かけてないと全然見えないんだもん~~~(/ー ̄;)仕方ないよ。しかも、度がいまいちあってないから、かけている本人も見えてはいるものの大変不快です。なのに、カレにもダメだしされている私って・・・(-_-;)

小学校の頃、メガネに憧れて『目が悪くなればいいのに・・・』と暗いところで本を読んでいた自分を呪います・・・


自然島「猿島」探検

今日はお休み。しかも久々にそこそこのいいお天気だったので、私は朝から大ハリキリ!!!毎日愚痴だらけの私もやっと気分転換だーーーヌフ。

そして、急に思い立ったのが、「猿島」
猿島って知ってますか?東京湾に浮かぶ唯一の自然島。横須賀の三笠公園でクレイジーケンバンドを唄ってから、船に乗ってブーンと10分弱。
island.jpg
やってきました、猿島。

すげぃすげぃ。本当にすげぃ。自然いっぱい。トンネル怖い。鳥がいすぎ。カレの悪ふざけでトンビに襲われそうになりました。海もすごい。すごい。素敵。サザエもアワビもたくさんありそう。
to.jpg
真剣に探していたカレ。ヽ(´~`; ォィォィ
1時間ほど島内を歩き回って、大満足。

fune.jpg
船に乗って、三笠公園へ。普通船に乗って向かっていく風景って大海原なのに、マンションが立ち並ぶ街へ帰っていくのって変だなーと思いながら。

何となく行った割には大満足の猿島。焼酎片手にほろ酔いのサラリーマン(営業中だったらしい)や、一眼レフ片手に奥さんを激写しすぎな旦那さん、99%カカオのものっすごい甘くないチョコをくれた不思議なカップル。

不思議な観光客が多い不思議な猿島、癖になりそう・・・


ほめられた

yukiは多毛症です。分かりやすく言うと、毛量が多、毛質が硬です。そんな私がナント2ヶ月も美容院に行ってないので、多毛症がヒドイです{{{{( ▽|||)}}}}

というわけで、ミディアムな頭髪を一生懸命に結んで毎日を過ごしています。いかに多毛症を可愛く見せるか!が最近の課題ですが、私はミツアミが大好き。結婚式もミツアミを駆使した髪型を依頼し、ヘアメイクさんを困らせました。

そんなわけで、今日はポニーテールにミツアミを入れてみました。ちょっと可愛い・・・って思った自分・・・ヌフ。

そしたら、生徒に「今日髪型可愛いジャン」ってほめられました。
「本当に?!可愛い???」って言ったら
「なに?頑張っちゃった?」だって。

そうだよ、頑張っちゃったよ。頑張ってミツアミしちゃったよ。アリガト。可愛いでしょ?


中3の子に「頑張っちゃった?」ってほめられている自分がちょっと情けなくて、嬉しかったです。
明日はどんなのにしようかなーーー

元気をもらう

無条件に元気を振りまいている人が私の周りにはたくさんいます。
そういう人に出会うと、『この人って悩んだり、卑屈になったりすることってないのかな?!』と普通に疑問に思ってしまうんだけど、そうじゃないんだろうね~
きっと彼らにも、悩んだり、人と比べて悲しくなったり、ってコトがあるんだけど、それをただ人に見せるか見せないかってところで違っているだけなんだろうねぇ~

会って話すのはもちろん、電話口でさえも「キラキラ☆c(゚ー゚*)c☆キラキラ ☆_(*゚∇゚)ノ~☆キラキラ」って元気オーラをくれて、本当に嬉しい。そういう人と話せた日は、何だか気分も明るいな。

私は人の悪口とか人の欠点をあげつらって、面白おかしく話をするのが得意だけど(ダメ!?笑)、そういう人は絶対にそういうことを言わない。見せない。えらい!!!


ひっくり返っても私はキラキラ☆c(゚ー゚*)c☆キラキラ ☆_(*゚∇゚)ノ~☆キラキラオーラが出せないから、キラキラ☆c(゚ー゚*)c☆キラキラ ☆_(*゚∇゚)ノ~☆キラキラをくれる人にとても感謝しています。


今日もありがとう。

自分にしかできないこと

今日、ふと見つけたブログに書いてあったこと。

『飛行機が「どうして自分は自動車みたいに、小回りよく気軽に人を運べないんだろう」と悩んでる。でも、本当は飛行機は自動車ではとうてい行かれないような遠くまで人を運んでくれる能力に気づいていない。
ふわふわの毛糸が「どうして私はお鍋みたいに美味しい料理を作れないんだろう」って悩んでるけど、でも、自分は美味しい料理になるよりも、暖かいマフラーになるほうがずっと自分にあっていることに気づいた』

まさに今の私みたいな話でビックリ。

こないだ前の会社の大好き先輩と可愛い後輩と久々にご飯をしてきたのですが、その時に、『あ~私はこんないい人がたくさんいる会社を辞めちゃったんだな~』って、どこか寂しい気分になりました。

先輩は立派に店長を務めているし、後輩は「大変ですぅ」と言いながらも頑張って働いています。

私の周りは頑張っている人だらけで、私は何をしているんだろう・・・というのが、最近の悩みだけれども、またまた同じ悩みに気づいて、ダメダメスパイラル突入~(。>0<。)

家を買った同期や店長になった同期。自分をシッカリ持って頑張っている親友や辛いところをあまり見せずにずっと同じ会社で頑張っている親友。赤ちゃんを身ごもったり、産んだりしている友達。

私は・・・・!?

私なんてなんとなく毎日が過ぎていって、仕事も文句だらけで働いているし、所詮パートだし、夢を持っているわけでもなければ、主婦としてちゃんと家事をこなしているわけでも、赤ちゃんをみごもっているわけでもない。しかも、尿路感染症中・・・(ーー;)

でも・・こうやって自分を卑下している割には、それほど今の状態からどうやって抜け出そうか!!!!とはりきっているわけでもなく、焦ってもいない。
だから、このまま・・・の毎日がズンズンすぎていく。

私は毛糸でもなければ、飛行機でもないから、マフラーにも海外旅行にも連れて行ってあげられないけど、でも、yukiはyukiでこの世に2人といない自分。だから、きっと何かyukiにはyukiにしかできない何かがあって、それが今できているのかできていないのかがはっきりしない感じ。


yukiはスターになりたい、マイクなのかな。
マイクはマイクだけでは、絶対にスターになれないよ。
スターが持って歌ってくれるから、活躍できるんだ。
カレが(ほとんどないけど)眠れない夜に、隣に寝てあげた途端にグーグーいびきをかいているのを見て、『明日も頑張れ』って呟きました。マイクなyukiはスターが無事に歌い終わって、マイクを置いたのを確認して、同じくお布団でグーグー。

結局、私には「私はコレがすごいです!」って言えるものがないけど、カレにとっては、私がいないとダメで、私にとってもカレがいないとダメで、そういう人に出会って一緒にいるために自分はいるのかもな。

誰かが必要としてくれているだけで、それだけで、自分はちゃんと自分の役目を果たしているのかな。ていうか、本当は必要としてくれている、じゃなくて、自分が必要としている人のためにそこにいるのです。

結婚2年目やっと2人の生活があってきて、結婚生活が楽しくなってきたこと、カレのそばにいられること、それがyukiに今できること。したいこと。






でも、本当は・・・スターになりたい・・・・んだけど・・・・。





早く異動にならないの?

ねーねー
室長~~~~まだ異動の辞令出てないのーーーー???

私がこんなに強く願っているのに・・・。


早くどっか知らないところへ行って、修行したらいいのに。

覆面リサーチ

今日、室長から指令を受けました

それは、覆面リサーチ。
保護者を装って他塾にリサーチの電話をすること。
本当はちゃんと行って話を聞きたいけれども、さすがに
中高生の子供がいるようには、私は見えない(と思う・・・)ので、
電話でのリサーチ。

問い合わせの電話はだいたいが、お母様からなので
私もお母さん気分で連絡をしました。
事前に色々決めてみたのですが、実際に「学校は?」とか聞かれると
ドギマギ・・・学校の教科書のコトなども言われると、またドギマギ。

明らかに不審者!?

でも、色々聞けたのでよかった~~
明日も色々かけてリサーチです

ほんの一時お母さん気分に浸るyukiでした。



お薦めアニメ

最近友達と話していて、また盛り上がった「ガラスの仮面」熱

漫画は実家にあるので、残念ながら読めないので、
今はもっぱらアニメで見ちゃってます。
「ガラスの仮面」といえば、いわずと知れた名作。
読まれている方もファンの方もたくさんいるかと思いますが、
アニメでみる「ガラスの仮面」もなかなかどうして、サイコー

ちなみに、アニメで見るならコチラ

今はまさにこれから「狼少女」の話が始まるところ。
山に修行に行って命からがらの稽古姿や舞台での狼少女を
見るのが楽しみ~~~ん

しかし、私ってオタク~


恋するシリーズ 続編

久しぶりに「恋するシリーズ」更新します
(シリーズ名をつけてみました・・・)

恋する女子高生。
いまや卒業したので恋する大学1年生

彼女と先生の恋は順調です。
順調すぎてつまんないくらいでした。

ところが、久しぶりに塾に現れた彼女。
「ねーねー相談があるんだけど~~」
と、私のところにやってきました。
「なにーーーーー
と、私も好奇心丸出し!

話を聞くと、GWに旅行に行きたいんだけど、親になんて
言って出かけたらいいのかな~とのこと。
( ̄ヘ ̄)ウーンとしばし考えたものの、
「親につくウソのレパートリーなら任せな
と、いいウソを考えてあげました

ひとしきりその話で盛り上がったあと・・・
「ていうかさ、付き合い始めたの!?」と聞くと
「"((_- )( -_))" ウウン」と。

不思議な2人です。
でも、別に言い交わさなくても2人が合意のもとならば

しかし、お互いに初めてのお付き合いで、付き合う付き合わないも
言い出せないというのに、旅行に行く話は進んでいるんだから
本当に心配するだけ無駄です。

それと、無駄にお付き合いを隠さなくても、
みんなもう知ってるから・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。