寝れないんだけど!!

嘘でしょ?

夜眠くならないんだけど(≡ε≡;)

毎日毎日ぐっすり寝れたって日が全然ない。

寝つきが悪いのはもちろん、眠りが浅すぎて何度も何度も目がさめる。そして、幾度か起きた後、トイレに行きたくなり、トイレを済ませるとすーっと眠れて、すぐ朝。
だいたい夜中の2時ごろトイレ。

5時半に目覚ましかけてるけど、今まではサクッと起きられたのに眠くて起きられない。

で、睡眠時間が短いもんだから昼間眠い。
でも、昼寝すると夜眠れなくなるから寝ないようにしても、結局、夜寝れない…。

開き直って起きててやろーかって思うんだけど、子どもができてから早寝早起きの習慣を10年続けてるから、それを今更崩せないという変に真面目な私。

だから、寝れないって思い込みも手伝ってるのかも。

今度病院行ったら導眠剤かなんか出してもらおうかな…。

これほんとに更年期が来たら、ヤバイかも私。

寝れない病、地味に辛い〜〜
スポンサーサイト

リュープリン2回目 その後

今年は残暑なしで夏が終わっていくんでしょうか…
毎日はっきりしないお天気。
しかも、お日様が出ても風が爽やかで、これって秋きてる?!みたいな。


今年はほんとに夏が短かったですね( ・᷄ὢ・᷅ )
20170908061102a88.jpg
(台風15号到来の七里ヶ浜)


さて、気を取り直して本題。
ほんとに生理きません!
不正出血もありません!

ただなんでしょう。
生理前?のような気だるさ、肌の乱れ、そして、異常な食欲。これだけはある気がします。
でも、生理はこない。

そして、1番は寝つきが悪く、眠りが浅いこと。
夜中に大汗かいて目がさめる。
汗なんてほんとにかかない私が夜中に汗かいて目覚めるのはやっぱり副作用なんでしょうか。

あとはリュープリン接種後のめまいとだるさ。
これが辛かった。薬が強いのか、めまいがするし、食欲無くなるし、だるい。とにかく横になっていたい。
ありがたいことに今は専業主婦なので、それが叶う現状だったので、打ったその日はひたすら横になって過ごしました。

また3回目もこうなるのかな。

きっと更に筋腫や内膜症にはしっかり効いてくれてるんだろうけど、薬はやっぱり怖いな、と改めて思った2回目の接種でした。

夜眠れないのはリュープリンやめるまでの我慢。
まだ先は長い…

リュープリン2回目

今日二回目を打って来ました!
子宮内膜症(子宮腺筋症)の治療のために打っているこの注射ですが、元々ある子宮筋腫にもよく効いている模様。
5センチ大だったものが4センチ弱まで縮んでいました!
そんなに効くんだ、これ。

先生曰く「(値段が)高い注射だからね」と。

今日は娘がいなかったので、前回のように娘にしがみついて耐えることはできず、1人で歯を食いしばって打って来ました。単なる怖がり。

副作用としては、最近やたらと寝つきが悪いな、と思っていたのですが、それもその1つだったよう。
全然かかなかった汗をかく(いわゆるホットフラッシュのように顔にはかかないけど)のは副作用なのかなぁと思っていたんですが、それはやっぱりそうみたい。

前回の注射後の不正出血も10日ちょいで止まったし、比較的楽に過ごせているのかな。
もう完全に生理がこないそうなので、不正出血さえなければ快適に海に入れる…(そっち?!)

とりあえず、打った後はやっぱり打ったところが痛むので、今日は海はやめておきます。

リュープリン 不正出血

リュープリンを打ってから2週間。

さて、何が起きているかというと…
題名の通り、不正出血。
生理が終わったと思われる時期から1週間以上、不正出血が止まりません。
サラサラとした血で、明らかに生理じゃない。
生理用品いっぱいに、というほどではないけれど、ひたすら出続けるのでそれはそれでストレス。

そして、なんとなーく貧血気味、な気がする。

一昨日、飲めないお酒を飲んで脳貧血を起こしてから(体調が悪いとたまーになるんです)朝になると頭が痛い。初めは人生初の二日酔い?!なんて思ってたのですが、やっぱりこれは貧血ではないかと。
日中も急に立ち上がったりすると、フラ〜〜

というわけで、貧血のために食事を気をつけている今日この頃。

生理がなくなる、と喜び勇んでいたけれど、毎月こうなるとしたら、あんまり意味ないな…と思ったりも。
生理痛がなくなるだけでも御の字なのかもしれないけど。

なんとなーくずっとだるいのと頭がズキズキするの、これも貧血気味のせいかなぁ…


リュープリン

ご存知の方は題名を見て、ほー、ご存知ない方はなに?だと思います。
リュープリン。
子宮筋腫の治療のための注射です。

今日一回目を打ってきました。

実はここ数年、生理痛が我慢の限界。
倒れたり吐いたり、ということはないものの、とにかくロキソニンがないともう無理。
しかも、痛みMAXの日は用法容量を無視して、短時間でひたすら飲み続けてなんとか乗り切る、ということを毎月続けていました。

が、先月、あまりの痛さにとうとう坐薬にまで手を出す始末。坐薬も効いてはいるものの、すっきりとまではいかず、ひたすら、うーーーーと唸って過ごしたんです。

これは尋常じゃないぞ、と婦人科へ。
すると言われたのが「ロキソニンの飲みすぎ」
「飲みすぎてるから、耐性が出来て効かなくなってるんだよ。で、どうしたいの?」なーんて言われてカチーン=͟͟͞͞( ¯−︎¯ )
どうしたいの、じゃないよ!!!

で、翌日、別の病院へ。
そこで勧められたのがリュープリン。
子宮筋腫の中の子宮腺筋症が疑われる、ということで血液検査。血液検査で子宮内膜症が分かるなんて知らなかった〜。

結果はやはり子宮内膜症の値が高く、早速翌月の生理からリュープリンを始めましょう、ということに。
初めからこっちの病院来ればよかったよ…。


そして、今日、初のリュープリンだったというわけ。
お腹に注射、なんて言うからかなりビビって、一緒に来てくれた娘の腕を死ぬほどむぎゅーとつかんじゃいましたが笑、意外と痛くなかった…(´-ω-`)

でも、娘がいてくれてよかった笑

娘曰くお腹にまっすぐプスーッではなく、斜めにスーッと結構奥まで刺してたよ、とのこと。
コワイーーー

そして、もっと怖いなぁ、との思ってたのが副作用。更年期障害が出るかも、とか、他の人の体験談を読んで、打つ前からかなりビビってしまったので、あまり余計な知識を入れないように、読まないようにして挑みました…が、打った当日の感覚としては…
とりあえず、打ったところがなんとなく痛い。
そして、暑い。体が火照ってる。夏だから、とか、ではない火照りじゃないかな、これは。

やたら冷え性の私なのでありがたいけれど、体がポカポカしちゃって、なんか眠い。

これは単なる気のせいなのかな。
また今後他の症状が出たら、こちらで報告したいと思います。

ちなみに来月から生理がこないそう。
生理を止めて、擬似更年期の状態に体を持って行き、子宮内膜症をやっつける、という治療だそうです。

生理がこないのは快適だな〜〜
だけど、副作用とまたあの注射が懸念事項。

今後の私はいかに?!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。