ココの病気

我が家の末娘ココが病気になりました。
というか、病気があるらしい、ということが分かりました。
いま、疑われているのは先天的な心臓疾患。

【1日目】
ある朝、突然ご飯を食べなくなり、物陰に隠れてじーっとし始めたのが事の始まりでした。
すぐに獣医さんへ連れて行ったのですが、色々と調べると、以下の症状があることが分かりました。

・体温が低い(猫の平均体温は38度台。それなのにココは36.5度)
・呼吸が荒い
・レントゲンで肺の全体が白く映る


そして、そのまま院内の酸素室へ入院。


【2日目】
翌日の夕方お迎えに行く予定だったのですが、朝9時に病院から電話が。
呼吸も依然としてかなり荒く、その上、よだれも出ている。今すぐどうこうということはないとは思うが、出来るだけすぐ病院に来られる状態にしておいてほしい、とのこと。

すぐに病院へ行くと、伏せをした状態だったのですが、いつものココとは違い、目に生気がなく、口はうっすら開き舌が出ており、よだれがたれていました。
ネネも私も「ココ~」と泣きながら声をかけましたが、ココはただひたすらぼんやりとして、私たちがいることが見えているのいないのか、ほとんど反応もなく、たまに目で私たちを追いかけるのが精一杯な様子でした。

その時の先生の診断は、

・肺が白く映る原因は心臓ではないか(アメショは先天的に心臓疾患がある子が多い)
・心臓がうまく機能していないせいで、体全体の循環が悪くなっている
・循環ができていないせいで、そこから肺に影響がおよび、肺水腫になっていることが考えられる


とのことでした。
後で調べて分かったのですが、具合が悪いとくた~っと横たわる姿を想像しがちだと思うのですが、呼吸が苦しい場合は横たわるより伏せの姿勢でいる方が猫的には少し楽なんだそう。伏せの姿勢で頭まで揺れるほどハーハーと呼吸しているココは本当に苦しそうでした。

写真 1
(その日の夕方のココ。少し落ち着いてきたところ)

その晩、本来ならそのまま病院の酸素室に・・・・となるはずだったのですが、夜中ココになにかあったら・・・・という話をすると、先生が『酸素ハウス』をレンタルするという手がある!と提案してくださいました。
病院から自宅も徒歩5分圏内だし、万が一何かあった時には連絡を取り合うということで、急きょ酸素ハウスをレンタル。
ココは2日目にしてお家へ帰ってきてくれました。
『もし何かあったら・・・』という不安はありましたが、ココが家に帰ってきてくれた!!というそのことだけがただただ嬉しくて、私はココの酸素ハウスに添い寝しました。


【3日目】
翌朝、何度となくココの様子を確認しながら、寝たり起きたりの夜でしたが、ココは何事もなく、無事に朝を迎えることが出来ました。
その上・・・どことなく元気も出てきた様子。
自ら水を飲んだりもできるように。

薬は心臓の血管を広くして、体の血液の循環をよくするもの、と頓服用として心臓病の方が処方されるニトロを処方されていましたが、お蔭様でニトロにはお世話になることはなく済みました。
薬は病気の猫ちゃん用の栄養食を買っておいたので、それに薬を混ぜ込み、上あごの裏に塗りつけて食べさせた他に、飲まず食わずでいたココに栄養を摂らせるべく、様子を見ながら、口の中に缶詰を塗りつけ摂取させていました。


【4日目】
このあたりからココは急にものすごい回復を見せてくれていました。

まず朝方。急にココが動いている物音で目が覚めました。
見るとココがお座りしてこっちを見ているではありませんか。
今まで苦しそうに伏せの姿勢ばかりだったのに。
写真

そこからよだれでガビガビになっていた手元や口元を一生懸命毛づくろいまでし始めました。
そして、今まで見向きもしなかったご飯をようやく少しずつ食べるようになってきました。

急に息を吹き返したかのようなココでしたが、心配だったので仕事で留守をする間、実家の母まで動員(苦笑)。
母曰く、弱々しいながらも餌も少しずつ食べていたし、酸素ハウス内をウロウロしたりもしていた、とのこと。

先生にそのことを報告すると、酸素ハウスから出たがるようなら、少しずつ様子を見ながら出させてもいいと許可が下りました。
写真 3
ちなみに酸素ハウスと接続されている酸素を作る機械、これの動作音は結構すごいです・・・。私は何も知らずにこの機械を酸素ハウスから少し話した程度の場所に置いて、すごい動作音と共に寝ていましたが・・・・。この機械からつなげるホースは3mほどあり、別の部屋に置いたりしても問題ないそう。始めからそうすればよかったーーーーーと思うくらい、起きていても結構な動作音です・・・。


【5日目】
酸素ハウスから出られるようになってから、ココは更に元気に。
写真 2

薬がきれたので、病院へ診察と経過を見せに連れて行きました。

チップと早速遊ぼうとしています、と伝えたら、そこはドクターストップ。まだまだ安静に、とのこと。

・肺のレントゲンは、まだ肺は白い部分が残っている
・急激によくなったことがいまいち釈然としないが、やはり先天性の心筋症が疑われる
(心臓の血管を広げる薬を投与したことで、ここまで回復していることからそう予想される)
・一度、循環器の専門のお医者さんへ行き、確定診断をしてきてもらってほしい


確かに原因が分からないことには、今後の対処の仕様がないので、もう少し体調が安定したところで大きい病院へ連れて行ってみよう、ということになりました。


****************************************************************
****************************************************************


そして・・・・現在。

すっかり元気に!!!!

写真11111

写真22222

今や前と変わらない生活を送っていますが、ふと伏せをしているココを見つけると、お腹の呼吸を確認してしまう私です・・・。大きな病院への検査も近々行く予定。その話はまた今度。


一体何が原因だったのか、全く分からないままでいますが、いまだ薬は継続中。
そのおかげで元気にしていられるのかどうかも分からないので、早く検査に連れて行かないと、ですね。

それにしても一時はもう無理なんじゃないか、と思わせるくらいだったのに、まさかの復活劇。
ママは本当に嬉しいよ・・・。

スポンサーサイト

いたずら盛り

最近のココ、ヤバイです

今まで禁断の場所であったキッチンに登れるように…
となると、そりゃもう今まで知らない世界だったわけですから、楽しげに暇さえあれば登るわけです…。

こないだ腰を抜かしそうになったのは、炒め物をして冷まそうと置いておいたフライパンから、直接食べてたこと

イタズラ?!もほどほどにしてくれーーーー

それ以来、念には念を入れて、気を付けてはいるものの…
ちょっと目を離した隙に登ってる。

食べ物があるらしい…と学んだわけですよ、トホホ。

というわけで、離れる時には完全に片付けてから!を徹底。
しかも、シンクに入り込んで悪さもしているようなので、蓋!!


蛇口を舐められると嫌なので、さらに…

布をかける。

完全攻防のお陰か最近はイタズラするところもなく、被害にあわなくなってきました…(苦笑

夫は「ココも子どもなんだから、まだ未知の体験で楽しくて仕方ないんだから、しばらくはしょうがないよ」と。
確かにチップも一時キッチン荒らしに精を出していた時期があったので、分かるのですが…。

勘弁してくれーほんと

あったかい~

今日はお休み。
久しぶりに予定もなく、なんとなーくダラダラしながらテレビを見てたら…


乗ってきました。猫。

さてどっちだ!







答えは…




チップでした!


ココもチップがくるまでは私の足元にうずくまっていたのですが、チップがくると、少し離れて私たちを見つめて、去って行きました(笑)

ペットの迎え方

台風一過。
横浜、晴天なり

私の風邪は鼻水と咳がMAX。
もう絶不調でございます
熱がないのだけが救いですが、今年ももう風邪を引いてしまった
今年の冬の目標にしようと思ってたのに…『風邪を引かない』って。

残念


さて、今日は久しぶりに多頭飼いについて、ちょっぴり語ります。
うちの末娘も今月で10ヶ月。
避妊手術をしてからというもの、驚異の食欲を見せていますが、チップでデブは懲りたので、しっかり食事制限して、無駄な巨大化は免れています…が、今後はどうなんだろう…。


チップの半分くらいの体重のココは小さいせいか、抱っこしやすい(笑)
やたらに皆に抱っこされています。
チップは小さい時にあまり抱っこをしなかったせいか、寄り添うのは好きですが、抱っこはあまり好みません。
けれど、ココはその逆。
抱っこは大好きなようです。

兄妹仲も多頭飼いから半年が経とうとしていますが、大変良好

二番目を慎重に選んだお陰もあるかもしれませんが、やはりチップの懐の大きさによるところは大きいと思います。

多頭飼いを考えている方。
一番目の性格をしっかり考慮して、二番目を選べば、きっとうまくいくはず!
ちなみに私たち夫婦の経験からいくと、初めて抱っこさせてもらった時のリアクションでその仔の性格が分かると思っています。
うちの子たちは二匹とも、とっても大人しかった。しばらく抱っこし続けていても、大人しくゴロゴロしたりして、暴れることもなく、ゆったりしていました。
それは知らない人に抱っこされて怯えて大人しくしている、というのとはちがった気がします。ただ大人しめの仔なんだな、という感じでした。

(ネネが抱っこしても大人しかったココ)


活発な子は始めっから活発で頭へよじ登ろうとしたり、甘噛みしたり、手から降りようとしたりします。
自分たちはどんな性格の仔をお迎えしたいのか、よく考えて、いろんな子を抱っこしてみるといいですよ。

赤ちゃんが産まれる秋。
皆さんがいい子に巡り合えますように

ココの定位置

最近のココの定位置。


気がつくとここで寝ています。
狭くて涼しいのかな~?!

それにしても、この格好。

いつもひっくり返って、大股開き!

女子なんだから~!!!

ココの避妊手術

ネネの入院が終わったと思ったら、今度はココの避妊手術。
事前に予約してあったので、先週の土曜にお願いしました。

さて、当のココですが、手術のお預かりの前に、まず心臓のエコーを撮りました。事前に全身麻酔に耐えられるかどうかの確認。
そして、無事クリアしたので、お預かりとなりました。
お迎えは翌日の朝とのお話だったのですが、心配なので夕方電話をしてもいいですか?と聞くと、夕方なら麻酔も覚めているでしょう、とのこと。

お別れ時には、去って行くネネと夫を目で追い、ニャーーーーーーンと大きく何度も鳴いて不安そう。私は心配でしばらく離れられずにいたのですが、ガラス越しに大丈夫だよ、頑張れ!と声をかけると、そんな私を不安そうにココは大きな目で見つめていました。


さて、夕方。
電話してみると、無事に手術も終わり、麻酔の覚めもよいとのこと。迎えにきてもいいですよ、と突然言われ、出先だった私は、え?!?!

慌てて帰り、閉まる5分前に駆け込むことができました

さて、ココですが、様子が変。
麻酔が覚め切ってないのは承知ですが、私たちを避けるかのように、誰もいない部屋の隅っこで1人でポツン。

声をかけても、迷惑そうにじーっとしているので、とりあえず、その晩は好きなように過ごさせてあげました

翌朝。いつもは必ず布団の上で一緒に寝ているココが、やっぱり部屋の隅っこでポツン。
大丈夫かなぁと心配になりましたが、やっと夜になっていつものココに戻り、チップとも追っかけっこを始めたのでホッとしました

今朝はお得意の仰向けで、リラックス

お腹の傷も特に目立たず、本人も気にする様子もなく、順調なようです。

私たちがお世話になっている病院では、チップの去勢の時もそうでしたが、術後特にエリザベスカラーをつけられることもなく、抜歯もなく、大変楽チン。猫たちへの負担が少しは解消されて、私たち飼い主も安心。

そして、何よりも無事に手術を終えられて、ホッと一安心です


皆元気が一番!

我慢強い!

うちの末娘、ココはただいま7ヶ月。
奇跡の我慢強さを誇っています。

今朝の風景。


夫が「ココかわいそうだよ、やめなさい」と声がけしているので見に行くと、こんなことに。

ネネは歌いながら、ココの腕をつかんで踊らせていました

しかし、しばし見つめていたものの、ココも嫌がって逃げ出すこともなく、ネネにされるがまま。

面白くなってきて、シャッターを切りました

まだ小さいのに、我慢強い末娘です

ココの寝場所

何度も書いていますが、チップは私の隣で寝ます
私たち家族は、ネネ•私•夫の川の字で寝ているのですが、チップは必ず私と夫の間に寝ます。

それは多分、ネネが赤ちゃんの頃、チップは体温の高いネネの近くで寝たがったのですが、添い乳をしたりする関係でチップをネネと私の間に寝かさなかったことから、習慣づいたものだと思います。

今朝もチップは私と夫の間で、私にくっついて寝ていました
私は、夜中にチップがいることを無意識に確認するくせがついているようなのですが、チップがそばで寝てくれていると、とても安心して眠れます(でっかいからかな、笑)


さて、ココです。
ココはどこで寝るのかなぁ、と楽しみにしていたのですが、ココはネネ寄りの私とネネの間で寝ることが多いんですびっくりっっっ

普段、半お人形扱いで無理矢理抱っこされ、羽交い締めにされ、ご愁傷様なココ。
普通のネコだったら、ネネに寄り付かなくなるんでしょうが、ココはネネにくっつく、とまではいかずとも、ネネの布団の上で寝てることがほとんどなんです

そして、毎晩笑えるのが、寝ているネネのお腹や背中で必ず、ふみふみをするのです
始めはネネも寝ぼけてムクっと起き上がり、ココを羽交い締めにして無理矢理布団に押し込み一緒に寝る、(もちろん、ココは嫌がって逃げる)ということがあったのですが、最近ではネネも慣れたのか?!ただ寝返りを打ってふみふみするココを押しのけています。
今はまだ軽いからいいけど、チップのように重量級になったら、ネネも大変だろうなぁ…(笑)

それでも、ココはしばらくふみふみをあちこちにしまくり、顔をクンクンしたりして、気が済むとネネの隣で寝る、というパターンが出来上がりました

しかし、絶対にネネのことを煙たがると想定していたのに、想定外のココの行動。よほど受け皿がでかいのでしょうか(笑)

これから先、ネネとココはいいコンビになっていくんでしょうね

ママは2人が仲良しでとても嬉しいです

起こさないで!!!

実家の犬はそんなことなかったのですが…

猫って朝起こしに来ませんか?

エサをください、と。

夏に向けて日の出も早くなり、猫たちの朝もそりゃー早い。
ほっておけば朝5時から、ひたすら鳴き続けます
まぁ腹の立つことったらないですよ。
うるさいなーと思って、時計を見ると5時03分とかなわけですから

というわけで、夫婦で知恵を絞って、給餌時間を変えて、朝お腹がすかないようにしてみました。
夜の給餌は今まで5時半だったのを7時に。朝は6時前だったのをこれまた7時に。

朝鳴いて起こしたところで、家人が起きてこようとも時間にならなければもらえない、というシステムを身体に叩き込んでもらう、という作戦。
作戦2日目の今朝は5時半に鳴いていました…。それでも、いつもより30分遅くなったからよしとするべきなのか、どうなのか…。

でも、家人がいるのにエサをもらえないことに猫たち大変不服を訴え、フニャアフニャと文句を言っています

ちびココもだいぶ大きくなりました。


怖すぎます…

皆様どうやって猫たちの朝の攻撃を交わしているのでしょうか…

怖すぎる



あまりにも似た二匹だったので、可愛くて何枚も撮ってたら、こんな怖い顔が撮れました…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。